福田栄香

ご挨拶

fukuda_img01

福田 栄香(千栄子改メ) FUKUDA EIKA

日本の楽器の代表格として誰もが思い浮かべる箏と三味線。

地歌箏曲(生田流筝曲)とは、正にその「箏」・「三味線(三弦)」そして「歌」で織なす美しい日本の伝統音楽です。

我が家は祖父母の代よりその道を生業としており、私は幼い頃から箏や三味線、尺八の音が当たり前という環境に育ちました。

師である父を尊敬し、その音楽に魅了され稽古にも励みましたが、同時にその家業は、1964年生まれの私にとって青年期に社会と接する中で疎外感、違和感も覚えさせました。

芸術全般に対し寛大な理解を併せ持った両親は、私が高校を卒業後演劇の道に進むことを認めてくれました。

別の世界で生きるプロの仕事は新鮮で、私の心に素直に響きました。

人々に感動を与えたい、その一心で皆がひとつになり、厳しい時間を共有し、素晴らしい舞台を創り上げようとする彼らのエネルギーと信念は、その後の私に大きく影響するものとなりました。

学び受けた衝撃と感動は、なんと言うことか、それが大きくなるにつれ、幼い頃から見続けてきた父の舞台姿と重なり合って行くのです。

幼少期から叩き込まれた芸に対する姿勢と師(親)からの教えは、自然に私の体内に、そして脳裏に刻み込まれていたからこその結果なのでしょう。

師から弟子へ、親から子へと受け継がれて行く歴史、それこそが伝統を紡ぎ出すと、身を以って感じます。

5年間という歳月を経て、私は家業に戻りました。

今、私は、三ッの音会三代家元として、地歌箏曲演奏家として生きています。

私達だからこそ奏でることが出来る『日本の音』。

その独創性に溢れる音楽に神秘を感じ、改めて自分の歩んでいる芸の道に対しての愛情が膨らみます。

そして、国内は勿論、国外での活動を重ねるほどに、更にそれを伝えて行くべき使命感のような想いに駆られます。

世界が身近になり、いつでも各国の優れた文化や芸術に触れ、感動することが出来るようになった現代だからこそ、改めて見つめ直してみたい日本。

大切に受け継がれてきた素晴らしい我が国の伝統の多くは、そのひとつひとつが私達の心を豊かにし、生きる勇気を与えてくれるものと信じています。

このHPが、皆様と美しい日本文化とを繋ぐ道標のひとつとなれば嬉しく存じます。

福田栄香プロフィール

福田 栄香(千栄子改メ)プロフィール

1964年 東京生まれ。
祖父母に尺八名手三世荒木古童・初代福田栄香(三ッの音会初代家元)、父に福田種彦(同会二代目家元)を持つ。
幼少より、父に箏・三弦を師事。
3歳で初舞台。
1988年 NHK邦楽技能者育成会第33期卒業。
同年NHKオーディション合格。
昭和63年度文化庁国内研修生となる。
1992年 初リサイタル「福田千栄子演奏会」を開催。(以後継続開催)
1993年 第2回リサイタルに対し、文化庁芸術祭賞を受賞。(史上最年少)
1997年 第6回リサイタル「福田千栄子演奏会―独奏の調べ」に対し、平成9年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
高崎芸術短期大学(現・創造学園大学)講師として就任。(~2000年)
1998年 財団法人ビクター伝統音楽振興財団より初CDアルバム「芸術祭賞記念盤・秋風の曲」をリリース。
1999年 ドイツ4都市において「福田千栄子アンサンブル」を巡演。
内、ケルン日本文化会館30周年記念には、秋篠宮殿下・妃殿下のご臨席を仰ぐ。
2000年 国際交流基金主催事業として「福田千栄子アンサンブル」をアジア4カ国(バングラデシュ、ネパール、韓国、中国)にて巡演。
(以後海外公演多数)
2004年 朝日新聞記念会館ホール(有楽町マリオン)にて、「福田種彦一周忌追善演奏会」を開催。
三ッの音会を継承し三代家元となる。
2007年 アメリカ公演を経て、日本国内においての邦楽普及の必要性を感じ、東京にて「福田千栄子アンサンブル」公演を立ち上げる。
2008年 平成20年度文化庁文化交流使となる。単身にて東南アジア3ヶ国で活動。
2009年 国立劇場にて初代福田栄香五十回忌・福田種彦七回忌追善演奏会を開催。
この機をもって福田千栄子改め、二代目福田栄香を襲名する。
2010年 上海万博「世界に発信する日本伝統芸能の現在(社団法人日本芸能実演家団体協議会主催)」において三曲チームリーダーとして公演を企画実施。
2011年 文化庁の国際文化交流の為インドネシアの3都市(メダン、ジャカルタ、スラバヤ)で巡演。
2014年 公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団第34回「伝統文化ポーラ賞」を受賞
現在 公益社団法人日本三曲協会理事。
生田流協会理事。
三ッの音会三代家元。
舞台、テレビ、ラジオでの演奏、教授活動の他、国際交流及び文化紹介、伝統音楽普及活動にも励む。
  • facebook